【Androidアプリ開発】インストール編

アプリ開発に無知な無能屋がアプリ開発をすることになりましたので、備忘録として記事にします。
とりあえずAndroidのアプリ開発を勉強ということで、今回はインストールから始めていきます。

Androidアプリ開発環境のインストール

Android Studioのダウンロード

まずは開発環境であるAndroid Studioのインストーラーを公式サイトからダウンロードします。

■公式サイト
https://developer.android.com/

公式サイトの上部にあるメニューから「Android Studio」をクリックし、表示されたページから「DOWNLOAD ANDROID STUDIO」ボタンをクリックするとダウンロードできます。

Android Studioのインストール

STEP1

インストーラーを起動した最初の画面です。
そのまま「Next」をクリックします。

STEP2

デフォルトで「Android Virtual Device」にチェックが入っていると思いますので、チェックが付いた状態で「Next」をクリックします。

STEP3

インストール先のフォルダを指定します。
今回はデフォルトのままで「Next」をクリックします。

STEP4

ここもデフォルトのままにします。
「Install」ボタンをクリックするとインストールが開始されます。

STEP5

インストールが終了した後の画面です。
このまま「Finish」ボタンをクリックします。

STEP6

設定を引き継ぐかどうかの確認画面です。
今回は引き継がないのでデフォルトのまま「Do not import settings」にチェックが付いた状態で「OK」ボタンをクリックします。

STEP7

そのまま「Next」ボタンをクリックします。

STEP8

インストール方法の選択画面です。
今回は「Custom」を選択して「Next」ボタンをクリックします。

STEP9

UIテーマの選択です。
好みの方を選んで「Next」ボタンをクリックします(無能屋はDarculaを選びました)。

STEP10

エミュレーターで使う仮想デバイスをインストールしたいので「Android Virtual Device」にチェックを付けて「Next」ボタンをクリックします。

STEP11

メモリの割り当てを行う画面です。
デフォルトのまま「Next」ボタンをクリックします。

STEP12

インストール内容の確認画面です。
そのまま「Finish」ボタンをクリックするとインストールが開始されます。

STEP13

インストールが終わったら「Finish」ボタンをクリックします。

STEP14

この画面が表示されればインストール作業は完了です。
Android Studioを起動する度にこの画面が表示されます。